Top > 日帰り温泉旅行

日帰り温泉旅行

るるぶ日帰り温泉関東周辺('10)

 

温泉旅行では、何日か滞在してゆっくりと疲れを癒すものというのが昔は当たり前でしたが、時間のない現代人にはなかなか難しいもの。そこで登場したのが日帰り温泉旅行です。

日帰り温泉旅行は、気軽に行けることから1990年代頃から人気が高まり出し、日帰り温泉の施設も急増しています。
「立ち寄り湯」とも言われる日帰り温泉の施設は、自治体や第3セクターが町興しや村興しの一環として運営しているものや、民間のリゾート資本が作ったものなど様々。

では、日帰り温泉の施設にはどのようなタイプがあるのでしょうか。
・健康ランド&スパリゾート型日帰り温泉~近年は大規模な施設が増加中。サウナやプール、エステ、整体コーナー、岩盤浴などがあったり、24時間利用OKだったりと、温泉以外にも色々楽しめるところが多い。
・自治体や第3セクターが運営の日帰り温泉~町興しや村興しの一環として造られたもので、鉄道や高速道路のサービスエリア、道の駅などに設置されたりしている施設もある。料金が安いのがGood。
・ホテル、温泉旅館の日帰り温泉~既存のホテルや温泉旅館が宿泊ではなく日帰りでの利用も受け入れている。高嶺の花だった高級旅館の温泉に安く入れるのがうれしい。
・共同湯タイプの日帰り温泉~昔から湯治場や温泉街として栄えてきた温泉地などに多く、地元の人が銭湯のように日常的に利用しているようなところ。
・アミューズメント型日帰り温泉~関西に多いタイプで、多くのレジャー施設の中に温泉が付随している。
・水着で入る日帰り温泉~ヨーロッパの温泉療養タイプで女性や子どもに人気があるが、数はまだそれほど多くない。
以上のようなタイプがあります。

日帰り温泉では、民営の施設やホテルや旅館などの施設よりも、公営の施設のほうが料金が安く人気があるようです

温泉旅行ブームの昨今、日帰り温泉に行く人は急増中。そのため人気のある日帰り温泉施設では、土・日や祝日は人が込み、逆に疲れてしまう...なんてこともあるようです。そんなときは平日に行ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 女性用の育毛剤  ビキニラインの脱毛  しみ・しわ対策
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
温泉旅行と日本人(2009年8月 3日)
温泉旅行でのマナー(2009年8月 3日)
日帰り温泉旅行(2009年8月 3日)
日帰り温泉のお値段(2009年8月 3日)